チャップアップの副作用

「副作用」とは一般的に医薬品を使う際などに聞く言葉です。

 

たいていの場合、副作用で体調が悪くなった、
命に関わるような重大なことがあった、といった使われ方をしていると思います。

 

しかし、「使うことによって本来の目的とは違う悪影響がある場合」
という狭義の副作用の意味としてとらえた場合、
医薬部外品であるチャップアップにもそのような「副作用」の可能性はあるのでしょうか?

 

 

 

頭皮という体の一部に直接使うものなので、
副作用についてはよく調べて、安心したいと思うのは当然です。

 

重症な副作用にはならなくても、
多少の副作用の可能性はあるので、用心しておくに越したことありません。

 

 

チャップアップには副作用はあるのか

 

チャップアップは合成保存料や着色料などを含まず、
無添加、無香料で天然成分で作られた育毛剤です。

 

その点で、非常に安全性の高い育毛剤と言われています。

 

しかし、実は、天然成分が原因でアレルギー症状などの副作用が起こる可能性があるのです。
それは、元々アレルギーが出やすい体質だという場合だけでなく、
全くアレルギーを起こしたことがない人でも突然症状が出ることがあるのです。

 

つまり、誰しも可能性があるということを念頭に置いて使用する必要があります。

 

どんな症状なのか?

チャップアップの使用において考えられる副作用の症状は、
主に頭皮の異常です。

 

頭皮に使っていくと、頭皮が赤く炎症を起こしたり、
かゆみを感じたりする可能性があります。

 

問題なく使用できている場合はこのような症状は起こらないので、
もしこのような症状を感じたら、ただちに使用を中止して皮膚科を受診しましょう。
慣れれば、症状がなくなるかもしれないと思い込み、使い続けてはいけません。

 

もし、使用し始めてすぐ異常を感じたら、
全額返金制度を使用して返品の手続きをしましょう。

 

チャップアップは32種類もの天然の育毛成分を配合した育毛剤であり、
よい効果も期待できますが、同時にこれだけ多くの種類の天然成分を配合していることにより、
アレルギーのリスクはアップしてしまいます。

 

ただ、種類は多いですが、医薬品ではなく、
強い効能のある成分ではないので、深刻な副作用はあまり考えにくいでしょう。

 

アレルギーが起こることもまれですが、可能性はゼロではないので、
使い始めは特に頭皮などの様子を観察するようにしたほうが安心ですね。

 

 

初期脱毛について

 

副作用ではありませんが、知っておきたいことがあります。
それは「初期脱毛」という現象についてです。

 

チャップアップを使い始めると、非常に個人差はありますが、
一時的に抜け毛が増えてしまう人がいます。

 

育毛剤を使いはじめたのに、髪の毛が抜けてしまうと焦ってしまいますよね。
しかし、この初期脱毛という現象は、新しい毛の成長に伴い、留まっている古い毛が押し上げられて
通常よりも早く抜けてしまうという現象なので、抜けたあとは新しい毛が生えてくるのです。

 

チャップアップは髪の成長サイクルを正常化することで髪の毛を増やすため、
初期脱毛は育毛がいい方向に進んでいるサインといえるのです。

 

 

全くない人もいれば、通常の3倍も抜けるなど非常に個人差が大きいのですが、
このことを頭に入れておくだけで安心して続けることができるでしょう。